香港茶餐廳分化


昔から香港人の飲茶文化には唐茶(中国式)と西茶(西洋式)のに分かれていました。唐茶はヤムチャ點心、西茶は紅茶とコーヒーとなります;西茶飲みに行くのは茶餐廳へいくことを意味します。香港のユニークな食文化である茶餐廳は、香港の植民地時代から始まりました。当時、香港には洋食が導入されましたが、値段が高く、一般市民はとても負担できませんでした。そこで、値段は安く、料理は中華西洋組み合わせした茶餐廳が登場し、香港市民に大人気でした。今では茶餐廳は香港飲食の主流となり、ここではあらゆる種類の香港スタイルの料理を食べることができます。たとえば料理をご飯に乗せた日本の丼に似た「碟頭飯」、食材によって変化自在のメン料理、中華醤油でアレンジした「鼓油西餐」、一品料理、小皿料理など。なかでもバター入りパインアップルパン、エッグタルト、トースト、ミルクティーなどは香港飲食の定番になっています。

茶餐廳では、ミルクティーの滑らかさだけでなく、香港人の精神も感じられます。茶餐廳の中華西洋飲食から、香港の多文化性を理解できます。茶餐廳の朝食、昼食、夕食時メニューの変化より、香港人の柔軟性が見えます。茶餐廳特有の長時間営業やスピーディーなサービスからは香港人の勤勉さと高効率を見ることができます。